クリアリポ

脂肪吸引は腫れ、痛みが大きく、しばらくは圧迫帯をしていなければならないですが、簡単に機械で痩せられます。

40分間機械を装着し、食事制限と運動をしっかり行えば、効果抜群

お腹、太ももなどに適しています。

体形彫刻術 ( VASER )

case01

下腹部、特に女性の腹部は他の部位に比べて脂肪がつきやすい場所で、一度ついてしまった脂肪は血液循環の少ない部位なので代謝機能が悪くおちにくいです。 特に下腹部などは運動をいくらしても痩せない体形の方が多いです。

人間の脂肪組職の数は思春期まで増加します。 その後、脂肪細胞の数は、それ以上増加しませんが細胞のサイズが大きくなります。(細胞肥厚)したがって脂肪吸引で減った細胞数は、増えないという結論を得られます。

糖尿病の危険がある肥満患者には脂肪吸引でインスリンの要求量を減すので糖尿病予防にも效果があります。

肌に弾力のある方は脂肪吸引で良い結果を期待することができますが、肌の弾力が落ちている方は脂肪吸引を行うと皮膚が垂れてしまいますが、1~2年かけて皮膚の再生を行いながら垂れた皮膚が縮むようになります。 そのため脂肪吸引はあまり年を取られる前に行うことをお勧めします。 また、肌に弾力がなくなり垂れた皮膚を気になっている方は、傷口が残ってしまいますが、余分な皮膚を一緒にとり除くことをお勧めします。 手術を負担と感じる方は運動と一緒に注射療法(脂肪分解注射PPC)をされることをお勧めします。

手術後の管理

脂肪吸引後の1週間はたくさんの水を飲むことをお勧めします。 手術後、血液中の脂肪成分が増加し血の巡りに差し支えになるからです。 水をたくさん飲むと血の巡りも良く、熱が出にくくなります。 手術後の2~3日間は吸引した穴から液体と混じって残っている脂肪が少しずつ流れ出ますが、心配はございません。傷消毒のために3日間ほど通院していただければよろしいです。 手術後の6週間は常に圧迫用衣服を着用し持続的な運動を一緒にしなければなりません。 手術後、圧迫しなければ手術の效果が減少します。

  • case01
  • case02