ミスコ

鼻先は注射では高くすることはできないため、鼻先にはミスコと言われる糸で鼻先から糸を直角に入れ、鼻先を高くします。 鼻筋には、フィラー(レスティレン、レディエッセ)を入れ、鼻筋のラインを作ります。 注射と糸を合わせて100万ウォン

  • case01
  • case02

わし鼻成型 (hump、hooked nose)

軟骨と鼻柱が交わる鼻の中間部位は通常少し突き出ている場合が多いですが、この連結部の突き出がひどい場合や鼻先が 低い場合にわしのくちばし型のようになります。矯正はまず突き出ている中間部分を切って低くし、鼻先部分を高かくします。 わし鼻の程度が弱い場合は鼻先だけを高たかくすれば良いのですが、普通はこの二つを一緒に矯正しなければいけません。 ひどくない場合は注射でも簡単に矯正されます。

  • case01
  • case02

隆鼻術(クローズ型)

鼻が低かったり、目の間が離れて寂しく見える場合、隆鼻術をすると效果的です。 隆鼻術により目頭部分が少し引っぱられ,目が大きくなる感じもします。 鼻筋はお客様のご希望の長さや高さによってシリコンの大きさを選び、鼻先は人工皮膚か、ゴアテックスを入れるかお客様がお選びいただけます。鼻の穴の内側からシリコンを挿入するので、傷跡が目立つ心配はありません。 鼻の穴の内側から挿入するので、傷跡が目立つ心配はありません。施術時間は約30分です。

  • case01
  • case02

わし鼻成型 (hump、hooked nose)

軟骨と鼻柱が交わる鼻の中間部位は通常少し突き出ている場合が多いですが、この連結部の突き出がひどい場合や鼻先が 低い場合にわしのくちばし型のようになります。矯正はまず突き出ている中間部分を切って低くし、鼻先部分を高かくします。 わし鼻の程度が弱い場合は鼻先だけを高たかくすれば良いのですが、普通はこの二つを一緒に矯正しなければいけません。 ひどくない場合は注射でも簡単に矯正されます。

  • case01
  • case02

隆鼻術(クローズ型)

鼻が低かったり、目の間が離れて寂しく見える場合、隆鼻術をすると效果的です。 隆鼻術により目頭部分が少し引っぱられ,目が大きくなる感じもします。 鼻筋はお客様のご希望の長さや高さによってシリコンの大きさを選び、鼻先は人工皮膚か、ゴアテックスを入れるかお客様がお選びいただけます。鼻の穴の内側からシリコンを挿入するので、傷跡が目立つ心配はありません。 鼻の穴の内側から挿入するので、傷跡が目立つ心配はありません。施術時間は約30分です。

  • case01
  • case02

短い鼻の延長手術(オープン型)

鼻筋にはシリコン、鼻先には人口皮膚、 鼻中隔には耳の内側から軟骨を取り、鼻先の柱になるように移植します。 鼻中隔延長のために軟骨を入れるので鼻中を切ってそこからシリコンを入れます。 消毒に3日間ほど来て頂き、5日目に鼻中の抜糸をします。 傷は鼻中に1ライン跡が残りますが、2週間後から化粧で隠すことができます。

  • case01
  • case02

case02

注射隆鼻術

シリコーンやゴアテックスを使わないでとても簡単に注射で5分以内に鼻を高くする方法です。 レスティルレン[Restylene]]のようなボリュームを出す注射と鼻先を下げる筋肉を弱化させるボトックス(Botox)注射を一緒にして、まるでシリコーンを入れたような效果を得ることができます。 会社や用事を裂いて休まずに昼休みの時間を利用して簡単に鼻の調整ができるという夢のようなことができます。 長所は、手術後腫れがあまりなく、自然で日常生活に全然差し支えのないことです。 短所としては1年ほど経つと再び注射をしなければならなくなることです。 2次注射の時には效果が半年ほどもっと長く持続されます。

case01

小鼻縮小術

小鼻が大きい場合、鼻先が低い方に最適です。 鼻を下から見た時、三角形の形を見ることができますが、この三角形の形を上部と下部に分けて検討しなければなりません。 上部は鼻の軟骨を集める手術を行い、下部は三角形の底辺を減らす手術を行いますので、小鼻縮小手術は下部の底辺を短くする手術になります。

case01

  1. (1) 切開法切開法は效果が確実ですが、小鼻の脇に少し傷跡が残ります。
  2. (2) 非切開法(埋没法)非切開法(埋没法) は、糸で固定する方法です。傷跡はありませんが、糸が切れると戻る ことになります。
  3. (3) 注射療法 注射療法は、ボトックス注射で小鼻に注射することで小さくすることができます。